絵本『星をかった日』井上直久

¥ 1,815

絵本『星をかった日』は、少年が市場にカブを売りに行ったところ、ドワーフと出会い、星の種と交換する。そこからストーリーが始まる。その星の種が見る見る大きく成長し、その星に家を建てる。小さな星で起こる不思議な体験が、、、。宮崎駿監督は、この発想を参考にしてジブリ美術館で上映している短編アニメ『星をかった日』(井上直久原作)を制作。ストーリーは違うが監督独自の世界が繰り広げられている。「イバラード」を知った宮崎監督が、初めて自分と同じ感性を持った人と出会ったと語るほど。ジブリ映画を見ると、その端々にイバラードが参照されていることがわかる。漫画『イバラード物語り』(青心社刊)は誰よりも熟読していると語っている。

サイズ:24x26.5cm 発行:架空社 

※ご注文後、約1週間以内に発送いたします。
(お振込みの方は入金確認後約1週間ほどとなります)
(土日祝日は休業しております)
(休業直前又は休業中のご注文は、休業明けから順次対応させて頂きます)

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    お届けに日数がかかる場合があります。
    保証や追跡サービスはございません。

    全国一律 ¥ 360
通報する